南国土佐を後にして

(なんごく)土佐 (とさ) (あと)にして 



(みやこ)へ来てから (いくとせ)



思い出します 故郷の 友が



門出 (かどで)に歌った よさこい節を 



土佐の高知 (こうち)のハリマヤ橋で 



坊さんかんざし 買うをみた




 




月の浜辺(はまべ)で 焚火(たきび)(かこ)み 

しばしの娯楽(ごらく) 一時( ひととき )を 

わたしも自慢の張(こえは)り上げて



歌うよ土佐の よさこい節を 



みませ見せましょ



( うらど)をあけて 月の名所は 桂浜




 




国の父さん  ( むろと )の沖で 



( くじら )釣ったと 言う便り 



わたしも負けずに  ( はげ )んだ後で 



歌うよ土佐の よさこい節を 



言うたち いかんちゃ



おらんくの池にゃ 



潮吹 ( しおふ )く魚が 泳ぎよる



よさこい  よさこい

創作者介紹
創作者 火雞 的頭像
火雞

火雞變鳳凰

火雞 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • 小世子
  • <p>對啊!好聽。</p>
    <p>好聽的老歌重新再唱,聽了馬上喜歡啦!</p>
    <p>サンキュー</p>